ママさんバレーパスのコツについて調べた

チームメイト(先輩ママ)が処理しやすい、正確で優しいボールをパスできるようになりたい

 

最近の小学生は下校時にきちんと挨拶ができて偉いなぁ。これが中学生になると挨拶できる

 

子が激減して、高校生になるとほとんどいない。多分恥ずかしいからだろう。自分も普段は

 

大きい声で挨拶してるのに、パソコンの画面から目を離さない人もいれば、おはようございま〜す

 

に対して、ういーすとか・・子供じゃないんだからやめようよって思うけど。挨拶は重要だから

 

きちんとしないとね。たとえ忙しくても一瞬目を合わせることが重要だよね。挨拶は人と人とを

 

つなぐ潤滑油って誰か言ってたなぁ。

 

 

特にアンダーパスをする際にどんな意識でボールを捉えるかが大事らしい

 

うまくいかない人に共通するパターンも、逆にチームメイトが処理しやすいやさしいボール

 

を出せる人も共通してパスへの意識の出し方や捉え方が違うみたいですね〜

 

 

優しいチームメイトに練習後に聞いてみたけど、なんだか意味の分からない感覚的な

 

もので、自分にはハードルが高いな・・

 

パスはママさんバレーの人間関係に大きく影響を及ぼすからな・・どうしよ

 

 

そう考えると、結局今の自分達が良いパス、優しいパスを・・

 

出せるようになる最短で確実な方法は、やはりママさんバレーに特化した教科書

 

のような存在をいち早く見つけることではないでしょうか?

 

そういったものからパスを含めたプロの教えや極意をしっかり学び

 

確実にモノにしていくことが、今後のママさんバレー上達と人間関係を

 

良好に保つ秘訣なのかもしれないですよね〜頑張りましょ^^

 

 

 

ママさんバレーの教科書となるべくDVD

 

サーブもレシーブもトスも短時間で上達

 

時間が無くても効率よく上手くなれる方法

 

さらに180日返金保証付き

 

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

ページ上部に戻る